人気ブログランキング |

1階:ケガやスポーツの痛みの施術 膝痛、腰痛、体の不調に足から全身を考える施術 2階:巻き爪、たこ、魚の目フットケア専門店Aroll(アロール)   ↓ホームページも見てね(^-^)
by jyuaimitsu
カテゴリ
全体
交通事故の時の確認資料
キネシオテーピング協会 基礎講座
整骨院通信
どんな整骨院
インソールについて
交通事故施術の案内
施術をして感じる事
大切にすること
未分類
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
フォロー中のブログ
じんぼう暇なし~神保接骨...
きよしのこだわり日記
最新のコメント
> hirokoさん ..
by jyuaimitsu at 16:02
今日はありがとうございま..
by hiroko at 11:29
ゆきさん 世の中は広い..
by jyuaimitsu at 11:02
神ちゃん 神ちゃんと同..
by jyuaimitsu at 11:01
ぁ、この上のコメントの方..
by ゆき at 20:43
わーぉ!!! Kさんじゃ..
by ゆき at 20:38
赤沼先生。 この間..
by couching-of-pain at 11:46
赤沼先生、バイクネタ期待..
by umedasekkotuin at 14:56
いいですね~。 なかな..
by couching-of-pain at 09:28
テディーベアの博物館って..
by umedasekkotuin at 15:16
最新のトラックバック
真っ赤で四角い憎いヤツ
from ペインコーチング・ブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
何のために新しい治療にとりく..
at 2019-06-10 23:44
百聞は一見にしかず
at 2019-06-10 23:24
院内通信6月号
at 2019-05-31 10:29
院内通信5月号
at 2019-05-01 00:00
交通事故の施術
at 2019-04-23 19:01
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:未分類( 99 )
膝の外側の痛み〜腸脛靭帯炎〜
先日は長野マラソンが開かれ、たくさんのランナーがここ長野市を走りました。
最近のマラソンブームにより
マラソンをしている方もたくさんいると思います。

ではここでランナーの方に多い怪我の一つ
「腸脛靭帯炎」について少し解説したいと思います。
腸脛靭帯炎は膝の外側に痛みを感じることが多く、ランナーに多いことから
「ランナー膝」「ランナーズニー」と呼ばれたりもします。
腸脛靭帯は足の付け根から太ももの外側を覆い脛骨という膝下にある骨に着く靭帯です。
e0212838_9572243.jpg

この靭帯が走り動作により伸び縮みした際に骨と擦れ合い炎症を起こします。
これが膝の外側で起こりやすいです。

痛みが出たときはまず走ることをやめ、安静にすることが一番です。
炎症が強い場合はアイシングなどを行います。
炎症を起こす原因として、ストレッチ不足(アップ不足、ダウン不足)が考えられます。
ランニングをする際は準備とケアを行うことが大切です。

痛みを起こさない、もし痛みが起きたらしっかり治療し、早く痛みをなくしランニングを楽しみましょう。

頑張り過ぎて無理をして痛みがでることは誰にでもありますが、しょっちゅう繰り返したり、痛みが全然ひかないなら
頑張り過ぎ以外に原因があります、硬い足・柔らかい足、膝の捻じれなどが悪さをしてるかもしれません
お困りの方は相談してください

by jyuaimitsu | 2015-04-21 07:00 | Comments(0)
ラベンダー
今回は皆さんも一度は聞いたことがある
ラベンダー」についてご紹介します。



ラベンダーとは地中海地方原産の
高さ1mほどに育つ低木です。

灰色で毛のある細い葉っぱがつき、
芳香のある細長い濃い紫色の花穂が
初夏に開花します。


e0212838_12195158.jpg




ラベンダーの香りは
優れた鎮静作用によって、ストレスで
緊張した心と身体をリラックスさせる
作用があります。
当院の手技のクリームにも配合しています!


身体のリズムや自律神経のバランス
整えるので、寝つきが良くないとき、
眠りが浅いときにも用いられます。

皮膚の優れた修正作用を持つため、
伝統的な植物療法ではスキンケアに
用いられてきました。


それでは簡単にラベンダーの香りの
使い方を幾つかご紹介します。



ラベンダーの使い方


◇寝つきを良くしたいときに


①ぬるめの湯にラベンダー精油を
入れて全身浴法

②ティッシュペーパーなどに
ラベンダー精油をつけて枕元に置く



◇風邪の予防に


①アロマポットなどを使って室内に
ラベンダーの香りを拡散させる

②ラベンダー精油を入れた
ルームフレッシュナーを使って
室内にスプレーをする




◇考えを整理したいときに


①洗面器などにやや厚めのお湯をはり、
ラベンダー精油を入れて手浴法をする





如何でしたか?
簡単にでしたが、ラベンダーの香りに
ついてご紹介しました。

この記事をご覧になった方の
気分転換に少しでもなれたなら
嬉しいです。


e0212838_1219529.jpg

by jyuaimitsu | 2015-04-21 07:00 | Comments(0)
長野マラソンに骨盤にインソールに・・・
新潟は南魚沼のランナー達が長野マラソンに参戦
e0212838_13560810.jpeg
神保君とケイスケ君です!神保君とは専門学校の同級生、六日町で整骨院をやってます!
周辺にお住みの特にランナーの方は不調のメンテナンスは彼がお勧めです

当院のインソール(フォームソティック)を作成したので使用した感想をまたお書きします

トムソンベットによる骨盤矯正も受けてもらいましたが
e0212838_14132434.jpg
身体の動きがスムーズになったことを実感してもらいました

身体の中心である骨盤を整えることで身体の動き(前屈・後屈・回旋・側屈)が良くなります

骨盤に繋がるのは背骨です骨盤の捻じれは背骨の捻じれにも繋がります

捻じれがあると上手に曲がり伸ばすことが出来なくなります

このことから、筋肉の治療をしても良くならない症状は骨格を整えることも重要です

治療者の手を借りて矯正を行うことも大切なことですが、そこまで悪い状態にしないことのほうが重要で
例えばストレッチポールを使用してのセルフコンディショニングを行うと少しくらいの歪みなら整えることが出来ます
e0212838_14215068.jpg
当院ではJCCA(ストレッチポールを世に送り出した協会)のADVトレーナーがポールの使い方を教えることもやってます!











by jyuaimitsu | 2015-04-20 07:00 | Comments(0)
食べることも練習!スポーツ選手の身体作り
先日、選抜高校野球が開かれ見事福井県代表の敦賀気比高校が初優勝を果たしました。
テレビで高校球児達の試合を見ていると、優勝した敦賀気比はもちろん甲子園に出場する学校の選手たちは「みんな身体が大きい。」そう感じました。
整骨院に来られる患者様のなかにも
「うちの息子は線が細くて。」
とおっしゃる方が何人かおられました。

もちろん彼らはたくさんのトレーニングをこなしていることと思いますが、
それ以前に
「食べること」
に力を入れていると思います。
どんなにウェイトトレーニングを頑張っても基本の身体がなっていないと筋肉は大きくなっていきません。
例えると、
どんなに腕のいい大工がいても
木材がなければ家は立ちません。
どんなに素晴らしいトレーニング設備、トレーニングメニューがあっても
材料が入ってこないと筋肉はできません。
その材料こそが「食」になります。
さらに、夏の暑さに負けない体力をつけるためにも「食」が大きく関わってきます。
スポーツ選手にとって食べるということはとても重要なことなのです。
e0212838_07190865.jpg
では、何を食べたらいいのか?
まず、「炭水化物」をしっかりととりましょう。
炭水化物のみでいいということはありませんが、最近はこの炭水化物の摂取量が足りていないと言われています。
まず初めに炭水化物の摂取量を増やすことを心がけていきましょう。
今までよりおにぎりを1こ多くする。
お茶碗一杯分多く食べる。
これだけでも変わってくると思います。

身体が出来てくると怪我もしにくくなると言われています。
「食べることも練習!」
と考え、取り組んでみてはいかがでしょうか。



by jyuaimitsu | 2015-04-17 07:00 | Comments(0)
オルソティックインソール価格の改正
当院が力を入れているオルソティックインソールの価格を改正致します

外国製のために為替の影響で変更することとなりました、価格は据え置くつもりでやってきましたが、申し訳ありません

これからも良いオルソティックインソールを提供できるよう努力致します、よろしくお願い申し上げます

旧価格 税込37800円
新価格 税込39960円

価格改正は5月の注文分からと致します

by jyuaimitsu | 2015-04-15 13:06 | Comments(0)
オルソティック4足到着
e0212838_11210322.jpeg
 
e0212838_11381885.jpeg

待っていたオルソティックが完成し到着しました

今回はスキー用の注文も受け作成しました
私はスノーボードが好きでオルソティック使用していますが、初めて使用した時の感動を覚えています
力がボードに確りと伝わり、エッジに乗り雪面にエッジを咬ませる感覚、キレとズレを雪面の状況に合わせ変えながら滑ることが容易になる、地形を使ったジャンプの蹴りだしから着地時の安定感を感じました

スキーやボードの道具は板・ビンディング・ブーツを揃えた三点セットなんて言われますが、そこに
+インソール
いずれそうなることを願っています

このスキーブーツ用の他には変形性の関節症用が届きました
調子が良くなることを期待して早くお渡ししたいです




by jyuaimitsu | 2015-04-15 12:54 | Comments(0)
成長痛についてのお話
子供の「成長痛」というワードは皆さんもよく耳にした事があるかと思います。

まずお伝えしたいのは10歳以上のお子さんに成長痛はないと言うことです。
その名前だけが独り歩きして、誤解を招いている様です・・・
では「成長痛」とはそもそもどのような状態なのでしょうか。

e0212838_7251660.jpg


成長痛は主に2歳~7歳頃の小児期に発生する原因不明の下肢痛(膝などの脚に起こる痛み)の事です。
夕方から夜間にかけて痛みを訴える事が多く、朝起きると何事も無かったかのようにケロッとして走り回るなど、症状の訴えに波があります。
血液検査やレントゲン検査などをしても異常はとくに見当たりません。

つまり原因ははっきりと分からない。
一定期間経過を観察しても症状がひどく悪化せず、腫れや炎症も見られない。
この様な時につける最終的な除外診断なのです。

精密検査では特定出来ないのですが、成長痛と思われる子供は調べると、どうやら家庭環境に変化がある事が多い様です。
「下の子が生まれた」とか「お母さんが働きに出た」など、この様な心理的不安が引き起こしている様です。

でも嘘や仮病で気を引こうとしているのではなく、本当に痛いので怒らないであげましょう。

周りの環境の変化について行けず、不安を感じると発生してくるごく正常なものなので「優しく真剣に見守ってあげる」「手で触れてさすってあげる」この様なことで自然と痛みは治まります。

これを踏まえた上でも、10歳以上のお子さんには成長痛はないということなのです。
スポーツをしていて成長痛になる事はありません。
また、骨が成長する過程で痛んできている訳でもありません。

成長痛と言うネーミングから
「うちの子は健やかに体が成長していて、それに伴う痛みだから心配は要らないわね」
なんて思ってしまいがちですが、
その痛みはそもそも成長痛ではない可能性があるのです。

スポーツをし過ぎて痛むのならスポーツ障害の可能性があり、放っておくと重篤化する事があります。

また、夜いきなり足を痛がり出したとしても骨腫瘍(骨の癌)が潜んでいる事もあります。

成長痛は最後に下る診断ですから安易に判断せず、まず原因を探る事が大切ですね。


今度からお子さんと接する時には、
そんな事も頭の片隅置いて観察してみるのも良いかも知れません。




by jyuaimitsu | 2015-04-15 09:00 | Comments(0)
インソール到着
e0212838_07512648.jpeg
インソールが到着いたしました

足型をとり処方箋を作成してから約4週間ようやく日本に到着しました

往復の航空便の関係のため早く欲しいとお待ちしている方には申し訳ないです

今年に入りオルソティックを購入の方が大勢いらっしゃり16足作成することが出来ました、膝の痛みや股関節の痛み、外反母趾に強直拇趾、スキーブーツやスノーボードブーツの性能アップにと様々な方達です、お一人の方が2足目・3足目をオーダーすることもあります

全ての痛みや障害がオルソティックで解決をする訳ではありませんが、オルソティックを使用しないで痛みや障害に悩んでいるのなら、一度使用してみてもいいのではないでしょうか?人工関節や身体にメスを入れたり、好きな運動を諦めるのは最終手段でいいのでは・・・












by jyuaimitsu | 2015-04-13 08:35 | Comments(0)
強直拇趾
ほとんど指が動きません
e0212838_07302568.jpg
強直拇趾をご存知でしょうか?

親指の付け根が曲がりにくくなり、痛みや腫れが起こり、やがて固まってしまい、関節が動かなくなる症状です

この症状は足が潰れる(すごく簡単にいうとアーチが少ない偏平足のような状態)過剰回内が要因の場合が多くあります、適切なインソールにより症状の軽減が望めるものです

進行性の症状なので、足の関節の動きの制限から進行していくと関節が硬直してしまいます

早いうちにケアを行うことが重要です、思い当たる方はご相談ください




by jyuaimitsu | 2015-04-11 07:00 | Comments(0)
冷やす、温めるの使い分け
みなさんは、冷やす、温めるの使い分けをご存知でしょうか?
この場合は冷やした方がいいのかな?
温めた方がいいのかな?
と悩んだことはありませんか。

大きく分けると
ケガ直後の炎症を抑える→冷やす
(捻挫、ぎっくり腰など)
ケガの回復期、慢性の痛み→温める
(腰痛、肩こりなど)
ということになります。

ケガ直後の炎症は受傷後約48時間と言われていますが、炎症が起きているというのはどのような状態なのか。
・腫れがある
・内出血がある というのが一つの目安になります。
冷やすと血流が減少し、腫れ、内出血を抑えることができます。
さらに痛覚の神経を麻痺させ、痛みを感じさせずらくなります。
ケガ直後の処置はとても大切です。
冷湿布を貼るというのは冷やすということにはなりません。
「冷やす」というのは氷水を氷嚢やビニール袋に入れ患部の感覚がなくなるまで行います。(約20分ほどです。)

ケガの回復期や慢性の痛みには温めることにより
血流を良くし、栄養を送りこんだり、
不要な物質を血液が運んでいってくれます。
この際も温湿布を貼るというのは、温める効果は期待できません。
(温湿布と冷湿布は、痛みを和らげる効果があり二つの違いは温かい冷たいの感覚の違いです。)
湯船に浸かって少しマッサージなどをすると血流がよくなります。
当院でも炎症期にはアイシング・その後は温熱療法をおこない回復を早めています
ケガは早期の治療によりその後の治る期間に大きな差がうまれます
参考にしてください&気になる方はご相談ください

by jyuaimitsu | 2015-04-10 07:00 | Comments(0)